2008年 01月 28日 ( 1 )

野火止用水保全対策協議会研修会

f0059673_06115.jpg
野火止用水が流れる東大和、東村山、東久留米、清瀬、立川、小平の6市(各市3名の議員を派遣)がつくる保全対策協議会の研修会がありました。講師は千葉大学園芸学部教授の赤坂信さん。演題は『リニア(線状)な文化遺産をどう見るか』~「野火止用水」の解釈と応用のためにsettingを考える~でした。久しぶりに私の専門分野の方の学会発表のようなアカデミックな講演を聴いたという感じでした。
「現代人にとっての野火止用水の意味」が問われています。
by snipe-sano | 2008-01-28 23:50