佐野いくお都議(元小平市議)のブログ

ブログトップ | ログイン

都市計画道路と緑

都市計画道路と緑_f0059673_104776.jpg
議会に設けられた都市基盤整備調査特別委員会で、市内の都市計画道路予定地を視察しました。写真は喜平橋交差点の改良工事が進められているところです。大きなイチョウが計画線内にあり、邪魔になります。心情的には残したいとは誰もが思いますが、本当に残すべきかが問題です。およそ40年前に法律に基づいて計画された都市計画道路。その時はまだ小さな樹だったでしょうし、家もほとんどなかったところばかりでした。
玉川上水と交差する都市計画道路3・3・8の検討状況の説明も受けました。数十億円かけて立体交差にし、景観を壊し、結局橋梁の下は暗く、雨もあたらず自然がダメになるのがいいのか、更に数十億円上乗せして、道路を地下に潜らせるため、一度玉川上水を壊して作りなおし、暗い、排ガスが溜まりやすい、しかも東西を分断する道をつくるのがいいのか。答えは明らかなような気がしますが、「玉川上水を守る」とはどういうことなのか、時代時代によって考え方が変わるこれまでの過去の教訓を踏まえ、将来的にどうあるべきかを政治がしっかりと判断しなければならないと思っています。
●道路が玉川上水を跨ぐ立体交差のイメージ
都市計画道路と緑_f0059673_10493879.jpg

●道路が玉川上水を潜る立体交差のイメージ
都市計画道路と緑_f0059673_10502995.jpg

by snipe-sano | 2007-09-18 23:58 | まちづくり