新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に

新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に_f0059673_18501358.jpg
新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に_f0059673_18502974.jpg
新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に_f0059673_22295042.jpg
新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に_f0059673_22303015.jpg
新小平駅周辺の無料駐輪場(北、西、南の3カ所)を有料にし、その管理を指定管理者で行う議決を12月議会で行いました。現在、有料化のための管理事務所や出入口の整備が行われています。「今まで無料だったのに。駅から少し離れているし、なんで有料にするんだ」という声がありますが、駐輪場や自転車対策の予算はかなりの額になっています。また、小平市は他市に比べて、利用料収入が少ない市ということもあります。受益者負担ということでご理解を頂きたいと思います。そういえば、ずいぶん前ですが、鉄道会社に負担させようという自治体が話題になりましたが、その後どうなったのでしょうか。3月議会では、自治体の自転車対策をテーマに質問してみようと思います。



本日の議会
全員協議会は、平成22年度予算案の議会への正式説明です。この後プレス発表を行い、予算案の公表ということになります。明日の新聞多摩版に掲載されるかもしれません。午後は年に1度の議員研修。今年は安曇野から篤志面接員の西山紀子氏に来ていただき、「青少年の健全育成―早春賦と鐘の鳴る丘に育まれて―」という題でご講演頂きました。安曇野といえば、国営アルプスあづみの公園の計画調査で約7年間関わったので、講演内容とはあまり関係ありませんでしたが、懐かしい感じでした。研修後は、第一回議会改革調査特別委員会があり、初めての委員会ということで、今後の進め方について協議しました。
新小平駅周辺の無料駐輪場が有料に_f0059673_22464649.jpg
▲私にとって懐かしい安曇野の風景(中央は常念岳)
by snipe-sano | 2010-02-05 18:49
<< 綱引き大会in二中 都市計画道路3・3・8 計画変... >>