平成18年6月23日(金) 

講演会
 市内では毎日どこかで必ずといっていいほど講演会や講師を呼んでの勉強会が開催されています。話題も様々。聴いてみたいと思って出かけるので、だいたいは聴いてためになったなぁ、良かったと思えますが、中には眠気に勝てなかったり、内職したくなるものもあります。
 今日の一つ目は市民講座「広げよう公民館活動~公民館のあり方を考える~」の11回シリーズの7回目「指定管理者制度と受益者負担」講師:東京農工大助教授の朝岡さん。さすがに大学の先生だけあって、話なれていて、制度の社会背景をグローバルな視点から分析には「ヘー」と感心する内容でした。が、肝心の受益者負担と公民館についての話まで突っ込み切れず時間切れ。二つ目は小平市障害者団体連絡会設立総会記念講演「実のある味のある障害者計画を1」講師:元日野市障害者福祉計画策定委員長・NPO法人やまぼうし理事長の伊藤勲さん。この日野市の障害者計画の実践の話はすごく引き込まれました。すごい人がいるもんです。
f0059673_017543.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-23 23:55

平成18年6月22日(木) 

路上にごみが散乱
 このようなごみの散乱は今日2箇所目の目撃です。西地区の木曜日は燃える資源ごみの収集日ですが、収集日のルールを守らない市民が弁当の食べ残しなどを入れた袋を、ネットをきちんと掛けるルールも守らずに出すため、カラスによってこの有様です。アパートや小規模のマンションに多いようで、いつもだいたい同じ場所です。1箇所目は管理会社にその場で電話を入れました。いままでは黙って片付けていたのですが、あまりに散らかりすぎて、箒や塵取りがないととても対応できないので、ちょっとキレましたね。これはカラスの問題ではないぞ。これから暑くなると臭いも問題。
f0059673_22395571.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-22 22:46

平成18年6月21日(水) 

十三小芝生補修完了
 6月3日の運動会が終わり、12日に芝生サポーターと6年生が芝刈り作業を行い、その後、芝生を休ませ、養生するとともに、はげた箇所を補修すると聞いていましたが、その補修が終っていました。3種混合の洋芝をマットで生産しているのは知っていますが、それを貼ったようです。下地が芝生用にしっかりとできているので、貼るのは意外と簡単なのかもしれません。とにかくあっという間の速さで青々した緑に補修できるのは良いのですが、児童やボランティアが各家で種から育てて補修するのかと思っていたので意外というか拍子抜けでした。こんな楽していいのかなぁ。コストは高くないのかなぁ。と要らぬ心配でしょうか。とりあえず、マットが下地にしっかりと根付くまで、しばらく休ませてあげてください。なお、次の芝生サポーターの出動は29日2時半です。
 補修後
f0059673_21465883.jpg

 補修前
f0059673_21471382.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-21 21:55

平成18年6月20日(火) 

鴨汁うどんを食べてきました
 先日9日にブログに載せたうどん屋さんに食べに行ってきました。肉汁、きのこ汁、カレー汁、鴨汁があったと思いますが、一番高い鴨汁(860円だったか)と煮卵(100円)、かき揚(100円)を注文しました。美味しかったです。
 議会では、本日、産業活性化調査特別委員会がありましたが、私は地元で産業活性化実践です。なお、我が家のまん前のうどん屋さんももちろん美味しいですょ。
f0059673_2315506.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-20 23:23 | 食べ物

平成18年6月19日(月) 

小川駅西口地区再開発が少し動く気配 
 本日、市議会の都市基盤整備調査特別委員会があり、「駅周辺の整備について」という項目で調査を行いました。調査といっても、行政側から現在の小川駅西口地区再開発の状況について報告があり、それに対して質疑を行ったというものです。
 写真の区域約1haが、現在の段階で市街地再開発事業を行いたいと協議を進めているところだそうです。土地所有者17名、借地権者18名の合意を得ながら、組合を設立して事業を行うわけですが、一定の理解が得られた段階だそうです。まだまだ、それぞれの利害の調整がたいへんで、準備組合すら出来ていない状況ですが、後になって悔いを残さぬように、行政も積極的に事業に参加したり、投資したりして欲しいと要望しておきました。「すでに駅前に都営住宅を作ったのがそもそも失敗だ」などという声が上がらないように。
f0059673_21192563.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-19 21:32

平成18年6月18日(日) 

雨天中止
 今日は「都立野山北公園の自然観察とカタクリの湯を楽しむ」という企画があったのですが、雨で中止です。6時半ころ、雨は小康状態だったので判断に迷いましたが、結局中止にして良かったという具合に午前中は雨となりました。自然には勝てません。
 雨が降ると、自転車が使えず、とたんに市内の移動に困ります。雨のとき「市役所方面に、行きたい時間に家の近くに来る100円のコミュニティバスがあればいいなぁ」と都合のよいことをだれでも考えるものです。そういえば、金曜日、建設委員会で「コミュニティバス等の運行を求める請願」が審議され、形の上では「政和会と共産党が賛成」「緑・ネットと公明党が反対」という前代未聞のことが起きました。この訳は深ーい事情と考え方がありますので、市民の皆さん、くれぐれも結果に捉われず、それぞれの議員の立場と意見を尊重して下さるよう、お願いいたします。私の意見ですか?状況から賛成せざるを得ないというところですが、これには説明を10分くらいさせてほしいです。
f0059673_20593918.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-18 21:14

平成18年6月17日(土) 

ホタルを見るのに長蛇の列
 中央公園で毎年恒例になった「ホタルの夕べ」が開催されました。たかの台の上水公園で飼育されたホタルは、この中央公園の東の林の中で虫かごやビニールハウスのような所に放たれて観察できるようになっています。それを見るために親子連れが林に入る順番を並んで待っているのです。その列なんと200m以上、私がざっと数えて1000人はゆうに越えていました。
 噴水池の方では食べ物の出店や鳴く虫保存会の展示があり、こちらも賑わっていました。たかがホタルでこれだけの人を呼べるということにただただ驚くばかりです。
f0059673_23542283.jpg
f0059673_23543644.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-17 23:58

平成18年6月16日(金) 

シジュウカラの巣立ち間近
  今年も庭のコブシの木に掛けた巣箱にシジュウカラが営巣し、親鳥が虫をくわえてせっせとヒナにえさを与えています。ピイピイとけっこう大きな声でヒナが鳴き続けていて、その声もだいぶ成鳥の声に近くなってきました。穴から顔も出すようになり、もう巣立ち間近です。カラスにやられないように祈るだけです。
  巣箱は、グリーンフェスティバルとリサイクルフェスティバルの時に、市が材料を用意し、小平市獣医師会が手伝って無料で提供してます。また、市では毎年1回、市内の巣箱の架け替えも、野鳥と緑の会、ボーイスカウト、ガールスカウト等の協力で行っています。
f0059673_223118.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-16 22:15 | 自然

平成18年6月15日(木) 

宅地化する小平、小川町1丁目あたり
 先日の土曜日、ヘリコプターに搭乗する機会があり、空から小平市を眺めることができました。青梅街道沿いに農家があり、その後ろ南北に短冊状に農地が広がる小平独特の土地利用が、虫食い状に宅地化されている様子が良くわかります。都市計画法による小平の都市計画では、小平市は全て市街化区域で、写真の農地もすべて宅地になることが前提(生産緑地として保全はされているが、相続でも守られる担保はない)となっています。これはオカシイなあと思いますが、そもそも土地の私有制が強い限り、計画的な土地利用なんて無理なのではないでしょうか。
f0059673_21235625.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-15 21:36

平成18年6月14日(水) 

小平の民具10,000点
 中央図書館の北側にあるプレハブが民具庫(見学は要申込み)になっています。古い道具がところ狭しと置いてあり、学芸員の説明もありましたが、骨董屋に来たような、興味シンシンで見てました。子どもの頃を思い出し、私が懐かしいと思うようなものは比較的新しいものです。よく見ると、昔のものは知恵と工夫と手先の器用さで素材を生かした道具ばかりのように見えました。どうしたらこれらのお宝(金銭的な価値はないものばかりだそうですが)を生かせるか考えていきたいと思います。このままでは、なんだかもったいない。
f0059673_2251338.jpg

# by snipe-sano | 2006-06-14 23:04