<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

都市基盤整備調査特別委員会視察3日目

f0059673_1991160.jpg
名古屋市有松駅前第一種市街地再開発事業を視察しました。ここはいままでの組合施行と違い、市施行で行われた再開発でした。市が主体に都市基盤を整備するという方針の下、昭和57年から地元と協議を始め、平成10年にマイカルと契約、着工したのですが、平成13年にマイカルが破綻して、工事中断、翌年にイオンで再開。また、都市基盤整備公団の分譲住宅撤退など、波乱の末、平成19年1月に完了した事業でした。大規模な商業施設が主体の事業という特徴がありますが、飲食業が振るわない地域性があるなど、いくつか課題があるようです。
ところで、有松は絞り染めで江戸時代に栄えた町で、駅南側には江戸時代の面影を残す街並みが残っていて、「町並み保存地区」に指定されています。個人的な感想ですが、この町並みと伝統の絞りのデザインを見てしまうと、どうしてこんな色と形の再開発にしてしまうのか、美的、景観的感覚を疑ってしまいます。「町並み保存地区」の電柱と電線も気になりましたが。もったいない。
f0059673_1992816.jpg


つづきの写真はこちらから
by snipe-sano | 2008-10-31 19:21 | 議会

都市基盤整備調査特別委員会視察2日目

f0059673_21574258.jpg
大阪府堺市の北野田駅前A地区第一種市街地再開発とB地区第一種市街地再開発の2つの事業を視察しました。どちらも構想から20数年をかけての事業です。A地区は平成元年の準備組合設立を経て平成18年に工事は完了しましたが、保留床がまだ処分できないところがあり、組合解散までいってません。B地区は平成3年に準備組合設立で、19年3月に完了しています。どちらも市が補助金等の支援に加えて、公共施設(図書館と文化会館)を導入することで事業支援をし、住宅を増やして事業採算性を高めるなど苦労していますが、結果的には地元の商業活性化にはうまくつながらなかったようで、再開発事業の難しさをあらためて実感させられました。昨日の事業とはだいぶ違いますが、こちらの方が一般的な傾向のようです。

つづきの写真はこちらから
by snipe-sano | 2008-10-30 22:11 | 議会

都市基盤整備調査特別委員会視察1日目

f0059673_22235639.jpg
大阪府高槻市のJR高槻駅北地区第一種市街地再開発事業を視察しました。施行区域面積は2.9ヘクタール、施工者は都市再開発法に基づくJR高槻駅北地区市街地再開発組合。平成6年度から16年度の事業ですが、実際には20数年という長い年月がかかったとのことです。その間、キーテナントが2回も撤退するなど、事業の難しさや苦労話を聞きました。その他、市施行による南地区の失敗談や、反対する地権者の説得、店舗面積と住宅面積の変化、事業費など、小平の今後の事業に大いに参考になりました。また、実際に現場を見学し、最後に28階の屋上に上がらせてもらい、市域の全貌を眺めさせていただきました。

つづきの写真はこちらから
by snipe-sano | 2008-10-29 22:36 | 議会

天神町マンション建設その後

f0059673_23483394.jpg
f0059673_2349214.jpg
議員のポストに「小平市天神町一丁目の環境を守る会」から、その後の天神町マンション建設に関する情報が届きました。内容は、7月27日付けで開発事業者と基本合意書及び整地工事協定書を締結したという報告とその関係資料です。建物規模は当初の311戸から302戸、容積率約1%、面積約440㎡減を実現させたとのことです。完成予定は再来年2月ですが、諸事情で3~6ヶ月遅れるようです。
最近、西宮市で横長マンションを規制する条例を制定する予定だという報道がなされました。今回のこのマンションは約200メートルの長さです。今後、注目していきたいと思います。
f0059673_23495244.jpg
f0059673_2350738.jpg

by snipe-sano | 2008-10-28 23:51 | まちづくり

こだいら菜の花プロジェクトの展示

f0059673_1553328.jpg
昨日のNPOフェスタで菜の花プロジェクトの展示ブースを見かけました。まだ準備中のようでしたし、ちょっと時間がなかったので前を素通りしてしまったのですが、ヒマワリの種から油が絞れたのかとか、来年の菜の花の種はもう蒔いたのかなど聞けばよかったです。インターネットで検索してみたら、りっぱなホームページがなぜか「グリーンロード協議会」の中にありました。残念ながらヒマワリの咲いている写真までしかありませんでしたが、これまでの菜の花の育成から搾油までと、ヒマワリの育成までが写真入りでよくわかります。ヒマワリの種を一生懸命採取しているようすは私の写真(下 10/18撮影)をどうぞ。
f0059673_157411.jpg

by snipe-sano | 2008-10-27 23:46

行政の仕事と市民の活動

ビフォー
f0059673_0122734.jpg
アフター
f0059673_0131491.jpg
雨が降るといつも水溜りができていた13小正門のアプローチ道路の排水が、先週改修されていました。2ヶ所のグレーチングの排水桝ならもう大丈夫でしょう。北口の全面道路改修とともに、これで周辺の水溜り苦情がなくなります。市民が議員と会うと話になるのがこれら水溜りや樹木のことや、街灯や舗装、用水路など身近なまちの整備に関することが多いような気がします。これらはボランティアではできないハードな役所の仕事です。先週も4月に頼まれたみよし公園の樹木の剪定もやっていただいたと大喜びされました。しかし、最近、役所の仕事なのか市民の活動なのか、変に仕切りがあいまいになっているような気がします。今日の消防操法発表会の消防署と消防団の活動、元気村でのNPOフェスタに参加の市民の活動、13小青少対まつりでの先生や地域の方の活動など、仕事で参加する人もいればボランティアもいます。私の場合はすべて仕事なのでしょうが。
ビフォー
アフター
f0059673_013534.jpg


今日の活動の写真はこちらからどうぞ
by snipe-sano | 2008-10-26 23:57

外国人による日本語スピーチ

f0059673_192381.jpg
f0059673_1921987.jpg
第28回小川西町公民館まつりで外国人による日本語でのスピーチ発表がありました。主催はこの公民館で「日本語を楽しむ会」という外国人に日本語を教えているボランティア団体です。韓国、中国、スリランカ、フィリピンの6名が、母国のことや日本でのことをテーマに意見発表を日本語で行いました。難しい日本語を短期間でよくスピーチができるなぁと感心してしまいます。また、母国で資格や技術をもっていても日本語が上手く話せないという理由でなかなか仕事が見つからない話などを聞くと、日本社会の閉鎖性など考えさせられてしまいます。でも、みんな明るく、前向きでパワフルでした。
by snipe-sano | 2008-10-25 19:04

学校のFF暖房機

f0059673_8391492.jpg
20年度の「わかりやすい予算」には「ガスストーブを使用している二小、八小、九小、十三小、一中の5校に、やけど等の危険があるため、安全性の高いFF暖房機を設置します。予算は1億9363万5千円。財源内訳は国や都の補助金なしで全額市負担、そのうち7470万円は借金。」とあります。
写真のような暖房機が窓を塞いで据付られたようです。予算案に反対した一つの理由に、この事業がありました。こんなに借金までして暖房機(冷暖房でない)を2億円もかけて換える緊急性や必要性があるのか(あるいは、職員の仕事が増えない予算消化ではないか)という点です。学校教育の環境が良くなる事はもちろん賛成です。しかし、説明にあるように、「やけど等の危険」が理由に挙げられていますが、子どもから全ての危険を取り除いて、どんな「生きる力」が育つのでしょう。ストーブは熱いもの。私の時代はコークスを燃料にしたダルマストーブで、生きる力が付いた気がします。現在のストーブは廃棄するようですが、ものを大切に使うことも教育ではないでしょうか。
by snipe-sano | 2008-10-24 23:26 | 教育

13小ふれあい給食

f0059673_18283155.jpg
13小では毎月2回、地域の大人を招いてランチルームで給食を食べる「ふれあい給食」という企画があります。今回2回目ですが地域の民生児童委員から声がかかり、他の人が見つからなければ都合はつきますと返事しておいたのですが、結局、参加することになりました。私のほか6名の地域の方が招待されていましたが、そのうちの5人は顔見知りで、中には「もう数え切れなくくらい」という方もいました。でも、毎回子どもたちの顔ぶれは変わるわけだし、食事をしながら祖父母世代の地域の人といろいろな話ができて、いい企画ではないでしょうか。
今回テーブルが一緒だった6人の3年生たちは、お箸の使い方もまあまあだし、残さず食べて、おかわりもしてました。話をしたり、食べたり、校内放送(クイズをしてました)を聞いたり、じゃんけんしたり、忙しそうでしたが、それほど行儀が悪いという感じはなく、なごやかでした。また、ランチョンマットになったお手紙もいただきました。
なお、給食は有料で250円です。
f0059673_18285197.jpg

by snipe-sano | 2008-10-23 18:29 | 教育

アシナガバチ

f0059673_0332678.jpg
以前、通学路にある蜂の巣の話しを出しましたが、我が家にも特大のアシナガバチの巣があることがわかりました。子ども部屋の窓付近に蜂が多いという子どもの証言で発見。秋になり、巣立ちというのがあるのか、巣を覆うように群がっていました。
(今日は小平未来塾の講師として校庭芝生化について話をしました。その準備に慣れないパワーポイントで資料の作成をしたりして一日の大半を使ってしまい、タイムリーな話題の写真が無い日です。得意の自然の話題になりました。なおアシナガバチの種類の同定はできていません)
by snipe-sano | 2008-10-22 23:22 | 自然