<   2007年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

一時停止違反取締り強化?

f0059673_22363133.jpg

  小川西町4丁目、二中通りの踏み切り西交差点(赤信号点滅)で、一時停止違反の取締りを行っているのを何度も見かけました。駅前の商店の方もこのところ何度も見かけたと言ってましたので、ホントに頻繁にやっているようです。昨年まで一度も見た記憶ないので、今年からやりだしたのかもしれません。事故でもあったのでしょうか。確かに赤点滅だから一時停止ですが、踏み切りに近く、朝夕は渋滞してるので、まるで黄色の点滅のようにしっかりと止まる車はほとんど無かったところです。おそらく、ずいぶんたくさんの車が捕まったのではないかと思います。
ま、そんなことより、議会でも取り上げましたが、こんな車がやっとすれ違える狭い道が通学路になっていることの方が問題の道です。「一方通行になったらいいよね」という声も頂きました。地域の合意が得られれば一方通行にできるらしいのですが、具体的にどうしたらできるのか研究したいと思います。
by snipe-sano | 2007-01-31 22:41

あじさい公園用水路整備

f0059673_22361324.jpg

  美園町一丁目、グリーンロード沿いのあじさい公園に用水路が復活したというので見てきました。用水路自体は木の護岸でまあまあかなぁと思うのですが、植栽がいただけません。東部市民センター屋上緑化同じく、まったく恥ずかしくなるような植物選定です。なぜシバザクラなのでしょうか。ほとんど陽があたらない、しかも水辺には不向きです。間違いなく花はよく咲かないし枯れるでしょうし、花の時以外はほとんど目立たない外来種をなぜ植えたのか。これこそ税金の無駄使いではないかと思います。 水辺に似合う、しかも日陰でも花の咲く、この公園のメインでもある「アジサイ」を植えないなんて「シンジラレナイ!」「呆れてものも言えない!」 
  でも気を取り直して担当課に問い合わせたら、「設計でそうなってた」「スペースが狭い」とか「隣接から背の高いのは植えないでと言われた」とか、言い訳聞かされ、さらに呆れました。百歩譲って、背の低い、日陰に強い、水辺に似合うものは、セキショウとかユキノシタ、ツワブキ、ギボウシ、ヤブラン・・・などなど、在来種で、常緑、落葉、花など選択肢はたくさんあるはずです。
  この整備前のイメージ図はなんだったのか。整備予算1950万円のうち1800万円が都の負担。都民としても納得いきません。
f0059673_22391064.jpg

by snipe-sano | 2007-01-30 22:54

暖冬

f0059673_975032.jpg

  梅が満開です。昨日、学園西町の一橋大学国際キャンパス国際交流プラザで国際交流の餅つきがあり、その時に撮った写真です。暖冬で各地でタンポポが咲いたとかヒバリがさえずったとか、氷が張らずワカサギの穴釣りができないとか、雪祭りができないなど、話題になっています。
by snipe-sano | 2007-01-29 23:59 | 自然

専門学校の学園祭

f0059673_20415595.jpg

   学園西町にある西東京調理師専門学校の収穫祭が昨日、今日と行われました。小川東町と立川にある国際製菓専門学校と同じグループですが、規模が小さくこじんまりとアットホームな感じです。展示や販売と調理室などを観て、3階のレストランでラザーニャを食べました。美味しかったです。
   来週の土日は国際製菓専門学校(立川の方)で学園祭・卒業作品展があります。また、小川東町の小平校の方はその次の17、18の土日に学園祭・卒業作品展があるようです。また、18日は同校併設の国際健康植物科学専門学校で「食農教育パネルディスカッション」も予定されています。見て食べて学んで楽しめる小平の隠れた人気スポットです。
f0059673_20423191.jpg

by snipe-sano | 2007-01-28 20:45

都市農地保全自治体フォーラム

f0059673_22464097.jpg

市街化区域内に農地を抱える10区26市が集まり、都市の農地の大切さを訴え、減少に歯止めをかけようと行動することを宣言しました。国の都市計画法と税制の矛盾を何とかして、将来に素晴らしいと言える都市(まち)づくりをしなくてはいけません。農地は、環境、防災、景観、教育、食、福祉、レクリエーションなど多様な価値を持ち、理想都市に不可欠な要素ではないでしょうか。
でも、この経済至上主義、土地所有制、競争社会、効率優先社会が後押しする都市化に、その歯止めが可能なのか。知恵と強い意志が必要です。また、どんな都市を理想とするのか、そのイメージを政治がしっかりと示し、市民が共有する必要があると思っています。
f0059673_22471631.jpg

by snipe-sano | 2007-01-27 22:53 | イベント

下校時一斉パトロール

f0059673_23512187.jpg

  十三小では月に一度、下校時に地域の方、保護者、先生が子どもたちを見守る「一斉パトロール」があります。今日は警察の方も見えたので、不審者などの情報交換を行いました。十三小学区内では今月に入って不審者が子どもに声をかけたという事件が2件あったそうです。1件は野火止用水沿いの雑木林で遊んでいた子どもに40代くらいの背広を着た大人が「どこの学校か」とかいろいろ聞くので怖くなって逃げたら追いかけてきたというもの。もう一つは小川西町3丁目で塾の帰り10時頃、後ろから20代の背広を着た大人に後ろから口をふさがれたので「なにするんだ」といって逃げたというもの。なお、小平市内では12件、都内では630件の不審者情報があったそうです。
by snipe-sano | 2007-01-26 23:53

武雄市長

f0059673_23233588.jpg

  市長具約(マニフェスト)を視察事項として取り上げたことも、それを受け入れていただいたことも、そして、市長自ら説明、質問を受けていただけたのも異例のことではなかったかと思います。私にとっては実に中身の濃い視察でした。これからの地方自治のあり方まで考えさせられました。
by snipe-sano | 2007-01-25 23:31

コミュニティバス視察(大野城市)

f0059673_1832292.jpg

携帯からの送信です。福岡県大野城市のコミュニティバスを視察しました。明日は佐賀県武雄市の市長マニフェストについて勉強してかえります。

翌日追加
f0059673_23153638.jpg

  3路線で年間5300万円の市税(赤字補填)を使って運行しています。100円の運賃は変えないで、今年は新に1路線つくるそうです。多少の異論はあっても、市内の交通空白地域をなくすためにやるとはっきりしていて、この程度の市税投入は納得の上というような雰囲気でした。
by snipe-sano | 2007-01-24 18:32

公共施設電子予約

f0059673_555542.jpg

f0059673_5554030.jpg

  インターネットによる公共施設の予約が始まりました。高齢者の間に「やるせない不満」がたちこめているようです。3月の公民館の抽選予約をするのにどうするのか、システム開始前に聞きに行ったら「パソコンが使えない人にはいくら説明しても無駄です」と言われたとか。サークルで登録したパスワードも「パスワード」の意味が判ってないので「会の番号」と言ってました。配られているチラシでは、抽選予約と先着予約のちがいや、抽選日の結果がいつどうしたら分かるのかとか、審査期間とは何なのかとか、抽選に当たったらあとはどうするのかとか、はずれたらどうするのかとか、懇切丁寧な説明がありません。高齢者排除だという極論まで聞かれます。
  実際にやってみましたが、まず、レイアウトの文字が小さすぎです。使用者IDとパスワードなどにも言葉に注釈つけるくらいの配慮が必要。抽選申込と予約申込の区別が分かりにくい(ここで私は間違えた)。これも注釈必要。申し込みが終るとメールが届きましたが、これも唐突。肝心の「当選確定」はメールで来なかったのでいつ当選したのか、確定とはなんなのか、後はどうするのかわかりません。とにかくパソコン使えない人にすこしでも判りやすいようにやさしい内容にして、安心して利用してもらおうという配慮が無さすぎです。カタカナ言葉も多すぎ。
  しかたがないので、現場の職員がやさしくカバーしてあげてください。
by snipe-sano | 2007-01-23 06:02

雑木林

f0059673_2311426.jpg

  このあたりの雑木林は、クヌギ、コナラ等の冬に葉を落とす落葉樹の林で、この落ち葉を堆肥に、樹木は20年~30年のサイクルで伐採し、薪に利用していたようです。伐採するとまた芽が出て(萌芽更新)株立ちの武蔵野の雑木林と言われる美しい姿を形作ってきました。また適度に陽があたるようになり、可憐な野草なども数多く育っていました。
  このサイクルがなくなって、4~50年ほっておくとどうなるのか。それが今の状態でしょう。育ち過ぎ、混み過ぎで夏は暗く、下草も少ない樹林です。さらにその後どうなるのか10数年前に大学の研究室に尋ねてみましたが、その研究はないとのことでした。
  2月4日の日曜日に市民参加の雑木林保全活動がありますが、育ちすぎた雑木は伐採しても根元から萌芽しなくなります。また、伐採するという行為に反対意見もあります。将来的に、雑木の寿命なども考え、どのような樹林に保全していくのかが課題となっています。
by snipe-sano | 2007-01-22 23:22 | 自然