<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

平成18年9月30日(土) 

秋といえば運動会
 市内のいくつかの小学校で運動会がありました。この写真の2年生の大玉ころがしは、転がしてタイヤに載せるのですが、それが思うようにいかず苦労する姿がなんともほほえましい競技でした。運動会は、学校のそれぞれの規模や雰囲気のちがい、特色がわかるいい機会です。
 明日の市制記念日も同じくらいの数の小学校で運動会が予定されています。心配なのは天気ですが、どうやら曇りで、むしろ暑くなくていいかもしれません。
f0059673_1233387.jpg

by snipe-sano | 2006-09-30 23:57

平成18年9月29日(金) 

大木の伐採は見たくない
 新小平公園跡地の樹木は跡形もありませんでした。モデルルームがオープン間近で、敷地は高い鋼板のフェンスで囲われていました。また、今日は小川東町で根元の直径が6~70cm近くあるケヤキなどを伐採している現場を見てしまいました。複雑な思いです。
 昔、都内のマンション建設予定地の樹木調査をしたときのことですが、直径1.5m、高さ30mくらいのケヤキがあり、伐採されると聞き、こんな大木は切るのはイヤだろうなぁと思ったのを思い出します。オーナーや事業者は机上で済みますが、実際に木を切るのは、現場の職人さんたちですから。
f0059673_0322395.jpg

f0059673_0335890.jpg

 
by snipe-sano | 2006-09-29 23:24

平成18年9月28日(木) 

実りの秋
 武蔵村山市野山北公園では、1978年から食べ物の出来るまでを体験的に学ぶため、稲作栽培を始め、十数年まえからは市内の全9小学校で取り組んでいるとのことです。児童たちは、田植えから、草取り、収穫、脱穀までを体験。収穫したもち米でのもちつきは恒例の行事として、楽しみになっています。13小の前校長が関わっているので、一度見ておこうと思い、行ってきました。里山と谷戸と水田、小平にはない風景です。案山子がいて、トンボが飛び回り、草刈された畦にはヒガンバナ。
 小平市では、明後日、稲刈り体験ツアーで新潟の方に行くバスツアーが企画されています。6月には田植え体験のツアーがあり、多摩・島しょ子ども体験塾という東京都の800万円の助成金を使った事業(66万円の予算)です。先日、新潟を訪れた時、広大な水田地帯は、畦が除草剤で全て茶色く枯れ、トンボ一匹飛んでない風景で、複雑な思いをしましたが、この体験ツアーはそんな所でないことを望みます。市民の方からは、そんな遠くに行かなくても、多摩にはボランティアで活動している里山と田んぼがあるのにという声も耳にしました。
f0059673_23281291.jpg

by snipe-sano | 2006-09-28 23:32

平成18年9月27日(水) 

来年度の予算要望書を市長に提出しました
 本日、9月定例議会最終日の審議が終了した後、小林市長に平成19年度の予算に盛り込んで欲しい事業等の要望書を提出しました。会派として、市の10部署に合計53項目の要望です。主なものについては、会派7名の議員がそれぞれ口頭で、直接市長に説明を加えました。
 初めて顔がわかる写真を載せます。最近は個人情報、プライバシーの問題で写真を撮る前に許可を得たり、顔が判らないように使用には神経を使いますが、この写真はいいんじゃないかと勝手に判断しました。事後承諾ということで。
f0059673_23291645.jpg

by snipe-sano | 2006-09-27 23:32

平成18年9月26日(火) 

第1回(仮称)新小平駅北公園整備懇談会、明日開催。
 2月のブログで取り上げた「新小平公園」閉鎖に伴い、その代替として新小平公園西側(小川東町5丁目12番)に、(仮称)新小平駅北公園を整備する予定となり、明日、9月27日(水)夜7時から小川東第二地域センターで懇談会が開かれます。
 殆どの議員が見落としていたのではないかと思いますが、第三次長期総合計画の前期基本計画の19年度整備(11頁)に位置づけられていました。公園緑地の市全体の計画にこの新しい公園計画はなかったような気がしたし、てっきりこの敷地は全部駐輪場になるとばかり思っていました。全体の三分の一、敷地北側(現在駐車場)が公園予定地だそうです。私は南側の原っぱそのままでいいような気がしますが、市民参加で計画するということです。
 なお、閉鎖された新小平公園は、数日前にマンションの折込広告が入ってましたが、樹木は伐採されてしまったそうです。
f0059673_21462773.jpg

f0059673_21464021.jpg

by snipe-sano | 2006-09-26 21:51

平成18年9月25日(月) 

空家の樹木管理の問題
 近所で空き家になっているところが結構あるという話を6月6日のブログで取り上げましたが、空家になったところは持ち主が誰だかわからず、何か問題になったとき、近所で困ってしまいます。特に、庭木はどんどん育つので、防犯の問題、落ち葉の問題、毛虫や害虫の問題などです。今年はチャドクガが多く発生したので、うちの近所の空家のツバキは丸坊主です。
 写真の家は、近所の方から私のところに相談が来て、市役所で所有者を調べていただき対応してもらいました。結局、ここは、元の持ち主が病気高齢のため他県の身内のところへ移り、亡くなっていて、身内が相続していたことがやっと分かり、その方から不動産管理会社に剪定を頼んでもらい、問題解決となったものですが、1ヶ月ほどかかりました。
 ビフォー
f0059673_18475430.jpg

 アフター
f0059673_18482919.jpg

by snipe-sano | 2006-09-25 18:52

平成18年9月24日(日) 

壁面緑化
 新小金井街道の小平グリーンロード立体の両側のコンクリート壁面が、緑のツタで覆われつつあります。当初からツタの苗を植え込んで、いわゆる壁面緑化に取り組んでいることは、開通前の現場説明で聞いていましたが、今はこのような説明看板がついています。おそらく、「管理が悪いから雑草が生い茂ってきた」というような苦情などがよせられたためではないかと思います。
 コンクリートという人工的な構造物を自然の緑で覆うのは、見た目にも良いし、夏の輻射熱も抑えるし、大いに推進すべきだと思っています。しかし、植物は生き物ですから、手を加えないと大変だということも忘れてはいけません。このツタには結構大きな毛虫もつきます。成長すれば歩道や上のグリーンロード上にも伸びていきます。冬は枯れて落ち葉が舞う。万が一コンクリートに欠損が生じた場合、発見が遅れる等々。だから止めた方がいいということにならないように。
 次は秋の紅葉を楽しみましょう。
f0059673_6101441.jpg
f0059673_6103480.jpg

冬の状態です。
f0059673_2445591.jpg

by snipe-sano | 2006-09-24 23:59

平成18年9月23日(土) 秋分の日

これがお彼岸の小平駅周辺
 小平駅周辺、小平霊園周辺にお住まいの方は、毎年2回、この交通渋滞には慣れていらっしゃるのでしょうが、すごい賑わいというか人と車でした。年2回程度だから我慢している方もいらっしゃるでしょうし、年2回でもこの日とばかり商売に精を出す人もいらっしゃるでしょう。これだけの人を見たら、「小平にも人を呼べる施設があるんだなぁ。何とか活性化にいかせないかなぁ」と勝手なことを思ってしまいました。そして、昔、勤めていた会社で園芸用土壌を開発していた時、ある霊園と提携する話がでて、まじめに「極楽浄土」という商品名で土を売ろうと企画したのを思い出しました。ちなみにパッケージのデザインには阿弥陀如来像が描かれていました。売れると思ったのに・・・・。
f0059673_2223288.jpg

by snipe-sano | 2006-09-23 22:09

平成18年9月22日(金) 

小平の飲み水が作られている現場視察
 お隣の東村山市にある東京都水道局東村山浄水場に行ってきました。2時間半、説明と施設を案内していただき、安全で美味しい水を安定的に供給するのはたいへんな事だと実感しました。
 ここの浄水場の特徴は以下の5点だそうです。
①都の四大浄水場の一つで、多摩川水系と利根川水系の両方の原水を処理できる。
②区部へは自然流下(ポンプ圧送でない)で給水できるので、震災時の拠点施設として重要な役割を担っている。
③常用発電設備がコージェネレーションシステムとして平成10年に初めて導入された。
④太陽光発電、水力発電など未利用エネルギーの活用に積極的に取り組んでいる。
⑤平成13年にISO14001を取得し、「地球環境にやさしい浄水場」をめざしている。
 現在、平成21年の完成目指して「高度処理」の施設の建設中でした。高度処理した「東京水」のペットボトル入りを飲みましたが、確かに癖のまったくない水という感じでした。
f0059673_22454042.jpg

f0059673_2245568.jpg

by snipe-sano | 2006-09-22 22:54

平成18年9月21日(木) 

今日から秋の交通安全運動
 朝7時、小平警察署で「秋の交通安全運動」の出動式がありました。警察官と小平市交通安全協会他の皆さんが勢ぞろいし、新しく赴任された署長さんと交通安全協会会長さんの挨拶の後、宣言を読み上げ、白バイを先頭に出発しました。
 市内各所に黄色い交通安全のテントを張り、午前中を中心に交代で30日までの期間中、交通安全を呼びかけます。なお、今回は福岡の飲酒運転事故のこともあり、飲酒運転撲滅が運動に追加されました。どこかの市議会では、議員全員が飲酒運転しない宣言をしたそうです。「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」
f0059673_215104.jpg

by snipe-sano | 2006-09-21 21:15