Jアラート(全国瞬時警報システム)一斉作動試験

自然災害や武力攻撃などの情報を住民に迅速に伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の初の一斉作動訓練が今日行われました。10時と10時半の2回ということで、生活文教委員会では一時休憩をとり、試験放送の確認を行いました。庁舎屋上の防災無線のスピーカーからは、10時には放送が流れましたが、10時半には流れませんでした(市の設定ミス)。
 報道によれば、Jアラートを運用している全国の1725市区町村全てが参加したが、防災無線から情報が流れないなどのトラブルが少なくとも210市区町村で起きた。総務省消防庁は「万が一の事態に備えたシステムであることを考えると、不安な結果だ。早急に原因を究明したい」としているとのことです。▼庁舎屋上の防災無線
f0059673_18335095.jpg
f0059673_1834675.jpg
f0059673_18341366.jpg
f0059673_18342469.jpg

f0059673_1835216.jpg

▼多摩地域の市町村の放送状況(13日アップ)
f0059673_23183224.jpg

▼その後の市の報告(21日アップ)
f0059673_18562449.jpg




◆生活文教委員会審査結果
日程第1 議案第42号 小平市暴力団排除条例 
(結果:全委員賛成で可決すべきものと決定
日程第2 議員提出議案第21号 大飯原子力発電所3号機、4号機の再稼働の白紙撤回を求める意見書提出について
(結果:賛成多数[3対2 1名退席]で可決すべきものと決定
by snipe-sano | 2012-09-12 18:34
<< 今週末は熊野宮大祭 小平三中吹奏楽部が全国大会へ >>